埼玉県さいたま市北区で土地活用、相続対策の事ならお任せ下さい

相続税対策

相続税対策として、「贈与」を活用して節税対策を行いましょう!不動産の評価は時価よりも低いため、課税される金額も少ないのです。上手に活用して、お子様やお孫様への負担を軽減しましょう。

相続税を減らす生前の不動産対策

現金を建物に替えると、半分以下の評価になる
固定資産税評価額で評価されます。(※全て税抜価格です)
一般的に、土地の評価額は公示価格の70%、建物の評価額は建築費の50~70%とされています。しかし、実際の評価ではこの割合を下回るケースが多いです。 建物に関していえば、その評価額は建築費の半分以下になることが多いといえます。
賃貸住宅にすると、建物評価は70%になる
借家人が存在する場合、家屋の評価額は『賃借人に一定の権利がある』と考えられるため、借家権割合30%を引きます。そのため、賃貸住宅の場合は固定資産税評価額の70%として評価されます。
建物は 『親の現金』 と 『親名義で建てる』 ことが節税になる
相続税の節税という点から考えると、 『親の現金』 と 『親名義で建てる』 ことが節税になります。二世帯住宅を建てる際など、 『ローンは子どもの方が借りやすい』 などの理由によって 『親の土地』 に 『子ども名義』 で建ててしまう方が多いのですが、これは親の節税にはなりません。節税対策という点では、現金の余裕がある場合は 『建物代金』 に使うことで節税になります。

生前贈与による方法

贈与の任意性を利用して 『合理的な形で長期に渡って計画的な贈与』 を行えば、相続税対策として極めて有効です。贈与の特例も大いに活用できます。


また、 『相続時精算課税制度』 の選択も可能ですが、贈与財産は相続財産に加算された上で相続税が計算されます。そのため、相続の節税効果はあまり期待できませんので注意が必要です。

婚姻期間が20年以上の配偶者から居住用不動産(または居住用不動産取得のための金銭)を贈与された場合、2,000万円(基礎控除を含めるので実質的には2,110万円)までは贈与税が無税になります。